弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

耳の穴が臭いのはどうして!?子供の耳が臭い原因や対処方法

      2018/05/31

耳の穴が臭いのはどうして!?子供の耳が臭い原因や対処方法

なんだか子供の耳の穴が臭い・・・そんな悩みを持つ親は意外と多いようです。そこで、子供の耳の穴が臭い理由について調べてみました。

耳の穴が臭いのは病気の場合もありますが、赤ちゃんなど子供ならではの原因や体質、生活習慣などに原因がある場合もあるようです。

子供の耳の穴が臭い原因や病気についてまとめてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

まだ赤ちゃんなのに・・・子供の耳の穴が臭い原因は?

赤ちゃんなのに耳の穴が臭いと悩むママも多いですが、赤ちゃんの耳の穴の臭いの原因の多くは耳垢でしょう。赤ちゃんなのに臭いほどの耳垢が!?と思ってしまうかもしれませんが、実は大人より赤ちゃんの方が耳垢が臭くなりやすい理由があります。

耳垢と言うのは耳の中の古くなった細胞がはがれて落ちる事で出来ますが、そこに埃やゴミなどが絡まって大きな耳垢になります。

赤ちゃんの場合は涙やよだれ、ミルクなど液体が合わさり耳垢の湿度が高くなり臭ってしまいます。

赤ちゃんは仰向けで寝ている時間が長いです。その状態で泣くことも多いですよね。仰向けに寝ている赤ちゃんが泣くと涙は眼の横から下に流れて行くため、耳の中に入ってしまうことがあります。

よだれやミルクなども同じで、あごが上がっている状態だと垂れてきたものが耳の中に入ってしまう場合もあるのです。

大人だと寝ている時に泣いたとしても拭くことが出来ますが、赤ちゃんはまだ自分で拭いたりすることは出来ません。そのため、気付かないうちに耳の中に色々な水分が入ってしまって耳が蒸れて臭いを発してしまいます。

仰向けで泣いたときやよだれ、ミルクなど気付いたときにこまめに拭くようにしましょう。ミルクや母乳をあげるときに、あごが上がってしまう場合は、角度に注意してあげると良いと思います。

もう赤ちゃんじゃないのに・・・子供の耳の穴が臭い原因は?

耳の穴が臭い子供の耳垢はどんな状態ですか?カサカサしている?湿っている?
臭いを感じる耳垢は、耳垢が湿った状態になっていると思います。

日本人の15%は耳垢が湿っているタイプという統計があるそうです。いつも湿っている耳垢の子供は体質でしょう。

では、耳垢が湿っているタイプだとどうして耳垢に臭いを感じるのでしょうか?

耳の中には脇や背中などにもあるアポクリン腺があります。アポクリン腺から出てくる汗の量が多いので耳垢が湿気ているのです。

汗にも種類がありますが、全身から出てくる汗はエクリン腺と言うところから出ていて基本的に水と塩分が出ています。

一方、アポクリン腺から出る汗はアンモニアやたんぱく質、脂質も混ざっています。これらが臭いの原因になっています。

耳のアポクリン腺から汗が多く出た場合は、耳垢に汗が混ざって湿るために臭いがしてきます。

つまり、子供の耳垢が臭くて湿っているという場合は、アポクリン腺からの汗が原因の可能性があります。

耳の穴が臭い子供に考えられる3つの原因

耳の穴が臭い原因は洗い忘れ

単純な理由ですが、洗い忘れによって臭いを発している場合があります。お風呂に入った時に耳周辺を洗い忘れたり、耳周辺を洗わない習慣の人も多いです。

耳の周りには皮脂腺や汗腺が多いため、洗わなければ臭いがしやすい場所です。耳の穴周辺も含めて洗って綺麗にしておけば臭いが改善する可能性もあります。

なお、耳垢が溜まった状態でお風呂上りに耳の穴が湿ったままにしておくと耳の中に雑菌が繁殖し、雑菌の影響で臭いを発するようになります。

適度な耳掃除は臭いを防ぐことにも繋がります。入浴後は綿棒などで耳の中の水分を取るようにしましょう。

耳の穴が臭い原因は皮脂腺、耳垢腺

耳の中には皮脂腺が沢山あります。汗腺の1つである耳垢腺からは脂質やたんぱく質も分泌されます。体質的に皮脂や汗などの分泌量が多い人は耳の中が湿りやすく細菌が繁殖して臭いを発する場合もあります。

耳の穴が臭い原因はカビ

耳の穴にカビが入り込んで繁殖すると炎症を起こします。炎症部分から膿が出てくると耳の穴からにおいが発生するようになります。

耳掃除のし過ぎなどで耳の中に傷が出来てしまうと、それがカビ繁殖の原因になってしまうこともあります。

子供の耳の穴から臭い汁が出てくる原因は?

耳垢が臭いだけでなく、臭いのする汁が耳から出てきた場合は耳の病気の可能性があります。

汁の色も重要です。赤ちゃんの場合は、茶色や黒は通常で、明るい黄色の汁が出てくると病気の可能性があります。黄色の汁がドロッとしている場合、汁の正体は膿です。

・中耳炎、外耳炎

耳から膿が出てくるのを耳垂れと言い、耳から膿が出て臭う場合は、中耳炎か外耳炎が疑われます。

中耳炎というのは、風邪を引いたときに発症しやすい病気です。鼻水を外に出せずにたまったままだと、耳と鼻が繋がっている耳管という部分に鼻水が入り込んでしまって炎症を起こすことで耳から膿が出ます。

特に子供は大人よりも耳管の傾斜が少ないので鼻水が入ってしまいやすくなります。赤ちゃんは自分で鼻を噛めないので親が鼻水を吸い取ってあげますが、風邪の時は特にマメに吸い取ってあげるようにしましょう。

外耳炎は耳の粘膜に傷ができて、そこに細菌が入り込んで傷が炎症するためになる病気です。耳掃除好きな人がいますが、耳掃除のし過ぎが原因でなる場合も多い病気です。

子供の耳の穴が臭い!対処方法は?

子供の耳の臭いが気になって、日常生活で耳の臭いへの対処方法があるとすれば、入浴時にちゃんと洗うことでしょう。

耳の周囲には汗腺や皮脂腺が多く、臭いの元になる分泌物が出ています。洗わなかったり洗い忘れることで臭いの原因になってしまいます。

入浴時には耳の裏、耳の溝、耳たぶなど耳の周囲をちゃんと洗うようにしましょう。

なお、臭いの原因が耳垢ではないかと気にして耳掃除をし過ぎてしまうと、外耳炎になってしまう可能性があります。外耳炎になると、臭いの元になる膿が出てしまうので、耳掃除のし過ぎには注意しましょう。

耳の臭いに対しては、日々のケアも大切です。もしも耳に痛みがあって臭いを感じる場合は、病気の可能性もあるので自己判断せずに病院を受診しましょう。

なお、中耳炎などの場合は聴力低下など治療に時間がかかってしまう可能性もあるので、早めの受診をおすすめします。

 - 子育て・教育

ページ
上部へ