弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

子供がモデルにスカウトされたけど信頼できる?ここをチェック

      2018/06/04

子供がモデルにスカウトされたけど信頼できる?ここをチェック

もしも子供がモデルにスカウトされたらどうしますか?

スカウト話に乗るかどうかは別としても「スカウトされた」ということは、我が子の可愛さを認めてもらった気がしてちょっと嬉しくなってしまう親もいるでしょう。

しかしその話に乗っていいか不安になってしまいますよね。

登録料がかかるのは怪しい?モデルに登録してもお金がかかるって本当?そんな疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

子供がモデルにスカウトされたけど登録料がかかると言われたら怪しい?

子供がモデルにスカウトされました。登録料はかかるもの?

話を聞いてみると、登録料などがかかるそうです。親戚にもモデルにスカウトされた子がいて登録料やレッスン料など結構お金が掛かったのに仕事が来ないとのことで、信用して良いのかわかりません。親戚とは登録料が違いました。どう思いますか?

  • 私の子供も何度かスカウトされたことがあるので、その時に調べてみました。小さい子供のモデルはほとんどお金を払って事務所に登録しているようです。それでも仕事は来ない事もあるそうです。
    ちなみに登録料が安い小さな事務所だと仕事が少なく、大きい事務所は登録料が高いけど仕事が来る確率が高いそうですよ。
  • お金が掛からないところもありますよ。実際、私の子供は登録料のかからない事務所でした。宣材用の写真は自腹でしたが他の費用は掛かりませんでした。違いが良く分かりませんが、同じ事務所でもレッスン料などにお金が掛かっている子もいました。
  • 数万円の登録料でスカウトをしていると有名な事務所がありますが、そこのスカウトマンは歩合制なので、子供の服にお金をかけてたりして食いつきそうな親子に手あたり次第声を掛けていると聞いたことがあります。まあ、そういうことを分かってて記念として登録してみる人も多いみたいですよ。

子供がモデルにスカウトされた時のチェックポイント

子供がモデルとしてスカウトされたら、舞い上がったり全否定するのではなく、こんなポイントを確認してみましょう。

子供がモデルにスカウトされたら、スカウトマンの名刺を確認

必ずスカウトマンから名刺をもらいましょう。まずは話を聞くだけで返事は「お願いする場合はこちらから連絡します」とし、その場で契約書にサインするのは避けます。

スカウトされた会社の名刺の内容やホームページを確認

貰った名刺に記載されている住所や電話番号を確認してください。行ける範囲なら事務所が実在しているか直接見に行くのがベストです。ホームページがあれば、ホームページの内容も確認します。所属モデルやどんな仕事の実績があるか調べます。ネットの評判も忘れずに確認しましょう。

厚生労働大臣許可の有無を確認

モデル事務所を行う時は厚生労働省の資格が必要で、名刺に厚生労働大臣許可が記載されていると思います。名刺に記載があるか確認してください。

契約内容や費用を確認

モデルにスカウトといっても、所属モデルではなく養成所への勧誘の場合も多いです。そのため、登録料やレッスン費用などもしっかり確認しましょう。

なお、登録料が掛かるところは怪しいという噂は信用できません。大手でも登録料が必要な所もあるのです。登録料の有無だけで判断せず、事務所の実績で判断しましょう。

子供がモデルにスカウトされてもこんなスカウトには気を付けて!

子供が1人でいるときに声を掛けてくるスカウトマンは怪しいです。親と一緒の時に声を掛けて来るなら安心という訳ではありませんが、子供が1人の時に声を掛けてくるスカウトマン人は特に警戒してください。

世の中、誠実なイイ人ばかりではありません。親心に付け込んでお金をむしり取ろうと考える人もいます。

また、名刺や会社のパンフレットなど、自分の身分や事務所の存在を証明できるものを持っていない場合も怪しいです。

名刺やパンフレットを貰ったら、必ず厚生労働省の認可を得ているか確認します。名刺やホームページなどにどこかに記載されているはずです。

認可を受けていても安心しないでください。行ける範囲なら事務所の下見に行きましょう。レッスンのありそうな日の昼間に行ってみると事務所の様子や実情が分かりやすいでしょう。

なお、「今連絡先を教えてもらえないともうチャンスはないですよ」など、「今すぐ」というようなワードが出てきたらかなり危険だと判断していいでしょう。

子供がモデルにスカウトされた!モデルは華やかな世界だけではない

モデルにスカウトされても、仕事があるとは限らない

子供でもモデルとして活動するには事務所に所属します。しかし、事務所に所属すれば必ず仕事が貰えるわけではありません。登録しただけで終わる子供も珍しくないのです。
また、仕事はオーディションを受けてつかみ取るのが一般的で、そのためにはオーディション会場への移動費や衣装代など自己負担します。レッスン料や登録料などが掛かる場合もあるので、金銭的に出費の方が多い場合もあるでしょう。

子供の性格や人格への影響

モデルとして事務所に登録すると、走じゃない子供よりも子供の頃から大人に囲まれて育つことになります。そうすると、偏屈だったり生意気な性格になると言われています。

時々、テレビで子役でデビューした芸能人が大人になって昔の自分は生意気だったとエピソードを話していたりしますよね。特に子供の時に成功すると周りの大人がチヤホヤするので、人格形成に影響があると考えられています。そのため、子供の精神衛生上のサポートが必要です。

 

子供がモデルになったらどんなことにお金が掛かかる?

私の子供の所属事務所の場合、宣材用写真の撮影料やその写真を載せるパンフレットの作成料などがかかりました。オーディションを受けるときは、交通費や昼食代などは実費です。

また、オーディションを合格するために、洋服や靴、子供の肌のケアなどにもお金が掛かります。いつも同じではいけないので、季節に合わせて買い揃えます。

なお、オーディション代は事務所を通して受けるので基本的にはかかりません。あまりないですが、一般公募等の場合の場合は費用が掛かる場合もあります。例えば、子供服ブランドのモデルでそのお店の服をいくら以上買うと応募用紙が貰える、写真スタジオのモデルでそのスタジオで写真を撮ることが応募資格になっているなどもあります。

企業の競合問題などもあります。一般公募に応募する場合は念のため事務所の了解を受けたものだけ受けますし、すでにお仕事している企業があれば良いお話をいただいても同業他社のお仕事は出来ません。

ちなみに、仕事をするためにかけたお金を子供のモデルの報酬だけで回収できるかといえば、売れっ子なら不可能ではないと思いますが・・・多くの親御さんはお金目当てというよりも我が子の活躍を期待していると思います。

また、企業から報酬が払われても手数料やマネジメント料などが引かれます。モデルの仕事をしたとしても、その報酬を得られるのは数か月後ですし、その仕事をする前から自分の取り分がいくらなのかは分かっていません。

 - 知識・雑学

ページ
上部へ