弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

仕事でミスをしないか不安になる…そんな気持ちの対処法について

      2018/05/31

仕事でミスをしないか不安になる…そんな気持ちの対処法について

仕事でミスをしないか不安になってしまう。
何も起こっていないのに、「失敗したらどうしよう」と不安になってはいませんか?
こういった思考回路を「取り越し苦労」と言います。
そんなネガティブな思考回路では、物事がうまく運ぶわけありません。

このような場合、大抵は仕事に不安があるのではなく、その奥に何かが隠れているのです。
また、ミスを繰り返す人には、ミスを繰り返してしまう要因があるのです。

自分に向き合って、不安にならない気持ちの持ち方を探りましょう!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

仕事でミスをしていないか不安になるのは、みんな一緒です。

仕事をしながら、ミスしてないかな?と不安に感じることはありませんか?
これは誰しもある経験なのではないでしょうか。

見直しているつもりでも、肝心なところでミスをしてしまったりすると、次の仕事もミスをしてしまうのではないかと、気にするようになってしまいます。

そうなると一度の失敗が尾を引いてだんだんと不安になり、いつも不安な状態なり自信さえ失ってしまいます。

そしてその自信のなさが、周りを不安にさせ重要な仕事を任されなくなったり、評価も悪くなってしまいます。
何もミスをしていないのに、不要な緊張感を感じ、再びミスをしてしまうと、もうこの仕事が向いていないんじゃないかと負のスパイラルに落ちてしまうのです。

人はミスをしてしまうことで不安になることが多々あります、それをどう回避すべきかと考えれば考えるほど、寝むる前や休みの日まで仕事のことを考えるようになるので、気持ちが落ち着かず不安な気持ちがつきまとってしまいます。

仕事でミスをしていないか不安になるのは、みんな同じなので、それをうまく回避できるように自分自身の対策を考えて行くのが必要です。

仕事のミスが多い人にありがちな事とは?不安なのは不注意だから!

仕事でわからないことがある時に、自分がメモを取ったものを見返すと理解できない内容のものがあることはありませんか?

「あれ?このメモなんだっけ・・・」と言う人は実は仕事のミスが多い人の特徴なんです。
特に新人さんはこういったミスが多いことがあり、それが後々大きなトラブルを引き起こしてしまうことに繋がることもあるのです。

内容をしっかり理解していない形だけのメモは、ミスの原因にもなりかねません。

さらに仕事でミスをよくする人の特徴には、帰宅途中にミスに気づき『明日早く出勤して仕事をやろう』と思っていても、結局いつも通りに起きてしまい、上司に叱られ周りの人に迷惑をかけてしまうルーズな傾向があります。

こういった人は、他者から課された仕事や自ら自分に課した仕事のタスク管理ができてないことが原因に気づいていないことが多いのです。

仕事のミスが多い人は、仕事の優先順位がわかっておらず、その場その場で仕事をこなそうとするため、やるべきことを忘れてしまうことが多々あります。

またその他の特徴として机の上がきちんと整理されていない、パソコンのフォルダやファイルが30個以上あるなど、画面の整理もできてないということがあり、ムダな作業が何倍にも膨れ上っていることもあるのです。

こういった無駄な作業が多くなればなるほど、負担は増え続け、仕事のミスが多くなってしまうのです。

仕事でミスをしてしまった…。不安でいても仕方ありません!

仕事でミスをしてしまった時には、やはり落ち込んでしまいますよね。しかし自分が思うほど周囲はそれほど気にしていません。なので必要以上に落ち込んでしまい、「すいません」「ごめんなさい」が口癖にならないように注意する必要があります。

いつも謝ってばかりいると仕事を辞めたいと思う気持ちが強くなってしまい、何をしても自分が会社にいと迷惑がかかるから仕事を辞めようという気持ちになりがちです。

仕事の失敗は誰にでもあるものです。そうした経験を積み重ねて経験値を積み会社に貢献できるようになっていくのです。もちろん仕事のミスをするよりもきちんと仕事ができる方が会社への利益となり会社の為になりますが、ミスをして落ち込むよりも、次に失敗しないように反省し、挽回していくことが一番重要なのです。不安で落ち込む気持ちはわかりますが、一度落ち込んだら、失敗した経験を活かして会社に貢献いくことが大切なのです。

起こっていない出来事に心配しても仕方がない。

どうなるか分からない事についてあれこれ心配したり、悩んだりするような取り越し苦労をしてはいませんか?

誰でも心配したり悩んだり、起こっていない出来事に不安を感じることはありますが、正直これは本当に人生にとって無駄な事です。

そのせいで頭痛が起き、眠れなかったり身体に影響を及ぼして自分自身を苦しめても何も良いことはありません。

取り越し苦労は万病のもとと言われています、この言葉をしっかりと認識し自分で自分を苦しませる事はやめるようにしましょう。

それならば実際に問題が起き、それを解決することの方が大切なのではないでしょうか。
なので、こういう時は悩むのではなく、解決策を考えるという事が重要なのです。

もし余計な事を考えてるなと感じた時には、楽しいことを考えたり、他の事に熱中するように気持ちを切り替えていくことで、不安な気持ちはと自然と消えていきます。

起こっていない出来事を不安を感じることは、本当に無駄だと言うことの取り越し苦労はやめましょう。

ミスを知られたくないという気持ちがさらにミスを誘う

仕事のミスが続くと、この仕事に向いていないんじゃないかと不安になり、必要以上に自分を責めて追い込んで、ますます心苦しくなることはありませんか?

さらにはひとつミスをすると、またミスが続いてしまうんじゃないかと不安になり、負のスパイラルにはまる悪循環に陥ってしまいます。

ミスを周囲に知られたくないという気持ちがミスを誘ってしまうこともあるのです。

そうなると、自分自身が委縮してしまい、『どうして私はこんなに仕事ができないのだろう…』と不安になり夜もよく眠れなくなっていきます。

いダメな自分をきちんと受け入れ、仕事のミスの不安な気持ちなどを自分の身体から外に出してあげると心と身が軽くなります。
もし悩んでいるのであれば、上記の方法を試してみてください。

 - 職業・仕事

ページ
上部へ