弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

固定電話を解約しても返金は無い!?解約前に知っておきたいこと

      2018/06/01

固定電話を解約しても返金は無い!?解約前に知っておきたいこと

固定電話を解約すると返金されると思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、昔は電話加入権を買い取る業者がいたのですが、今はだいぶ時代が変わってしまったみたいです・・・。

固定電話を解約するのはちょっと待ってください!解約前に知っておきたい情報をお届けします。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

固定電話を解約したら返金されるというのは、間違い!?

スマホ世代は知らないかも?固定電話の電話加入権とは

現代では携帯電話の普及により、固定電話を持つ人も少なくなってしまいました。

固定電話をつける時には、「電話加入権」が必要でNTTに「施設設置負担金」を支払う義務があり、15年くらい前の金額が7万2千円でした。

昔は他人に「電話加入権」を譲ることができ、また「電話加入権」を買取する業者もいた。その権利を約6万円ほどの高値で買い取りする業者もいたそう・・・。

しかし現代はその価値が下がり、売れるかどうかも微妙で、権利を解約しても返金はないとされている。

ひと昔前は解約すればではなく、買取業者が買ってくれればお金が返金されると言うことだったらしい。

今考えて見ると、当時は7万円のお金も出して固定電話を引いてたんだなと思うと、かなり高い買い物できちんとし権利だったとも言える。

因みに今固定電話の加入権は3万円から4万円程度で契約料が1000円未満となっているそうです。

返金は無いけれど・・・固定電話の電話加入権を解約したい場合の方法

家の固定電話が必要ないと感じる今の世の中、携帯電話があるから固定電話の電話加入権を解約したいと考える人も多いと思います。
そんな時、どのような方法があるのかを調べてみました。簡単ではありますがご紹介したいと思います。

固定電話を止める!電話加入権の解約方法

  • 電話加入権を解約する場合は取り扱う業者に売る方法
  • 子供や知人などに譲渡する方法
  • 「休止」の手続きを行う方法

 

と上記の3つの方法があります。

取り扱う業者に売る方法

電話加入権は金券ショップなどで売ることができます。
しかし、売っても2千円前後の値段にしかならないそう・・・

※名義変更の手数料も含まれています。

売る時には、役所に必要書類を取りに行く必要となる為、手間や費用を考えると、売るのはあまりオススメはできません・・・。

 

子供や知人などに譲渡する方法

権利を譲る場合は名義変更の手続きが必要となり、手数料がかかります。
※手数料は税抜800円かかります。

この時電話料金の未払いがあると、新しい加入者に請求がいくことになるので、権利を鈴る際には未納分がないかを確認してから、譲るようにしましょう。

「休止」の手続きを行う方法

電話の加入権はそのままで、回線を休止する方法には手続きに800円・工事費に2,000円程度かかるそうです。
電話を使わなくなるので、毎月の基本料金は請求はきません。

返金もされません!固定電話を解約するとこんなデメリットが

携帯電話があるので家の固定電話を解約しようと考えた時、デメリットはあるのでしょうか?

実は固定電話より携帯電話の通話料が高いのをご存知でしょうか?

しかし、携帯電話には無料となるサービスの通話があったりするため、一概に高いとは言えません。

しかし固定電話で受けられていた無料通話のフリーダイヤルで携帯電話から利用できない場合があり、頻繁に使う方にとっては大きな痛手になることもあります。

また企業の問い合わせ窓口として使用されているナビダイヤルにかかる料金は割高で、話す内容が長くなればなるほどかかる料金は固定電話に比べると、割高になってしまうデメリットがあります。

光電話が新たな電話加入権になる可能性も・・・!

ここ数年の間に光電話を利用している人が増えている傾向にあるのを耳にすることがあります。
その理由には、『経済性や利便性の良さ』とされているようです。

今現代では、光電話が従来の電話加入権の財産的価値を揺るがしているとも言われ問題にもなっているそうです。

固定電話を持たなかった人が光電話を設置するケースも増えている!?

今まで、固定電話を持たずに携帯電話のみで生活してきた人も、新しく光電話を設置する者が増えてきているようで、今後、光電話の需要はますます増えて行くことは間違いないとされているようです。

その結果、昔に電話の需要が増加した時の同じように、現代では光電話への電話加入権の財産的価値が高騰する可能性も出てくるのは間違いないと言われており、新たな電話加入権になる可能性も・・・。

固定電話があることのメリット

固定電話があることで、世間体、社会的に信用されると言った信頼を得られやすいと言われていることを知っていますか?

固定電話は、実在している住所に本人が実際に住んでいることが証明できる、『身分証明書』と言っても過言ではありません。

昔は固定電話がないとクレジットカードや銀行の開設などもできない時代でしたが、今は固定電話がなくても携帯電話があれば、作ることは可能となりました。

しかし住宅ローンの大口の融資を受ける際には、固定電話のほうが審査が通りやすいとも言われているのは、昔も今も現状は変わらないされていることもあるようです。

固定電話の方がスマホよりも経済的

家族4人いると携帯料金も少なくとも、1万円以上はかかりますよね。
しかし固定電話だけなら、かなりの安い金額で済みます。

よくよく考えて見ると、固定電話のほうが使用料金を安く抑えることができフリーダイヤルなどでもかけられない番号がないというのも大きなメリットなのです。

 - 知識・雑学

ページ
上部へ