弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

仮免の学科試験で落ちた場合。今が一番の頑張りどき!

      2018/06/05

仮免の学科試験で落ちた場合。今が一番の頑張りどき!

自動車教習所でもう少しで仮免!と思っていたら学科で落ちた場合は超ショック!

とはいえ、学科問題は教科書やビデオの講習の後はとにかく問題に慣れるしかありません。ちょっとした言葉の引っかけや、似ているけど全く別のシチュエーションにも要注意。
仮免の時期が教習所では一番キツイとも言われています。そこを乗り越えたら、運転免許証まではもう一息!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

仮免の学科で落ちた場合も落ち込まないで。今が一番困難な時期

免許取得のために頑張って教習所へ通っている方も多いと思います。

教習所で最もつらい時期とは?

それは、第一段階後半~仮免までの期間です。登山で例えるなら、第一段階は登り、第二段階は下りになります。

第一段階後半~仮免まできているのですから、今の頂上はあと少しという段階です。仮免に合格でき山を登りきることができれば、あとはただ下っていくだけなので、仮免がゴールだと捉えてもいいくらいなのです。

仮免よりも卒業検定の方が合格率が圧倒的に高いのもうなづけます。

第一段階を登りきるのは難しいですが、第二段階も決して楽ではないということを覚えておきましょう。

あくまでも第一段階に比べて第二段階が楽というだけで、第二段階の方が楽しく行えたという人の意見を鵜呑みにしてはいけません。

仮免の学科で落ちた場合はビデオをしっかり見て復習を!

学科講習は、20分ほどビデオを視聴してから、教官が重要なポイントについて説明をしてくれます。
集中してきちんと頭に入れておかないと、試験で簡単に落ちてしまいます。

学科もしっかり受講する事

学科講習は技能講習と違って規定時間受けるだけですが、甘くみていると苦労します。中には何十回も落ちる人がいますし、そうなると試験代や時間の無駄ですよね。

後悔しないためにも、ビデオ上映中は寝てしまわずにしっかり見ることが大切です。

ビデオの中には大切なことが集約されていますし、教科書の文章を読み込むよりビデオの方が頭に入りやすいこともあります。
頭に記憶された映像が試験の時の助けになることも考えられますので、ビデオはしっかり見て復習をするようにしましょう。

教科の欄外には小さくひとくちメモがかかれています。
これも意外と大切なことが書かれていることがありますので、教官がわざわざこのひとくちメモについて説明した場合などは、最重要ポイントとして忘れないよう注意しておきましょう。

仮免で学科は通ったのに技能で落ちた場合。技術が足りないと自覚しよう

なぜ仮免は難しのでしょうか。

AT限定の場合を言えば、第一段階は12時限の技能教習を受けますので、まったく運転していない段階で、わずか12時限の技能教習で仮免試験を受けることになります。

たったの12時限の技能教習だけでどれだけの人が仮免試験合格基準に達するのか。実際合格できるのはごくわずかではないでしょうか。
合格していても、ギリギリの点数で合格している人も多く、試験不合格になる人が圧倒的に多いのです。

そんな中でもストレートで仮免を突破する人はいます。
運転の才能がある人ももちろんしますが、もしかしたら生徒がミスをした瞬間だけ、検定員が見逃してしまった可能性だってあります。お目こぼしってやつです。

ガチで技能試験をやったら、ほとんどの人が合格点数に届かず不合格になるのではと思います。

第一段階で習得した運転技術が、路上に出ても問題がないのかといった判断をしますので、問題あると判断されたら容赦なく落とされることになります。

それだけ路上での運転は、教習生の命はもちろん、一般ドライバーの命にも関わることなのです。

運転免許の合格率は7割程度。教習所に行かずに合格する人も!

気になる!免許取得の合格率

免許をこれから取ろうという人にとって気になるのが「合格率」です。

警察庁交通局の運転免許統計によりますと、平成26年の年間受験者数1,769,880人に対し、合格者は1,267,918人という結果になっています。
計算でいうと、合格率は約72%となります。

MT免許よりAT免許の方が合格率が高いように感じますが、受験者数のうち、AT免許の年間受験者数は1,020,752人、そのうち合格者は705,564人なので、合格率は69%と合格率に差はほとんどありません。

過去のデータから計算しても、合格率は毎年約7割程度と考えられます。

こういった合格率からもわかるように、運転免許の試験がとても難しいわけでのありませんが、学科試験の勉強を全くせずに挑んで合格できるわけではないということになります。

試験を受けるのに費用もかかりますので、無駄な費用をかけない為にも、しっかりと準備して一発合格を目指したいところです。

ただ稀に、教習所へ行かずに合格する人もいますが、平成26年度で5.2%とごくわずかです。

仮免の有効期限は6ヵ月。それまでに免許を取れなかったら…?

仮免の有効期限を把握しておこう

仮免免許証の有効期限は6ヶ月。
この期間までに教習所を卒業しなければ、路上教習を受けることが出来なくなってしまいます。最初から仮免許を取り直す必要がでてきますし、教習期限がありますので、入校てから9ヵ月以内で卒業しなくてはならないとされています。

仮免許の有効期限が切れてしまった場合、教習期限である9ヵ月以内であれば、もう一度終了検定、仮免学科試験に合格することで再取得することができ、引き続き卒業検定も受けることが可能になります。
ただし別料金がかかってしまうのでご注意ください。

仮免許の期間だけでなく、教習期限の9ヵ月も超えてしまった場合は、全てを一からやり直さなければなりません。
一度やったことをまた最初からやり直すのは、費用も時間もかかりますしとても面倒なものです。
仮免許証を取得したら、期限をすぎないよう真っ先に有効期限を確認し、計画的に教習所へ通って卒業を目指すようにしましょう。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ