弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ワンセグのアンテナを感度アップさせる方法・簡単に出来ます!

      2018/05/30

ワンセグのアンテナを感度アップさせる方法・簡単に出来ます!

ワンセグを見ていると急に画面が映らなくなってしまうこともありますよね。「丁度いいシーンだったのに何で?!」と悔しい経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

こんなときはアンテナの感度アップをしてみましょう。アンテナの感度が上がれば、途中で映像が乱れてしまうことも少なくなりますよ!

実際に自分で出来る感度アップの方法についてまとめました。ワンセグの仕組みやフルセグとの違いについてもお伝えします!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ワンセグのアンテナの感度が悪い理由!感度アップはできない?

スマホではキレイに映らない、受信状態が良くないのはどうして?そう思っている方も少なくはないのでは!?

ガラケーの方がワンセグでキレイにテレビを見る事ができた!と言う方もいるでしょう。
ガラケーよりもスマホの方が高性能なはずなのにどうしてワンセグの受信が良くないのか気になりますよね。

実はワンセグの電波を拾いにくくなってしまったのは、高性能なあまりに動作周波数が高くなりワンセグチューナーに悪い影響を及ぼす電波を拾いにくくしているからなようです。

スマホは高性能なプロセッサーを搭載しているため、内蔵されているワンセグチューナーが雑音障害を受けてしまって、ワンセグの受信が良くないという事なんです。

高性能なだけにワンセグが見られない・・・。そういう事ってあるんですね。

ワンセグのアンテナを感度アップさせる方法

カーナビの電波が悪いのなら車専用のワンセグアンテナを取り付ける事で解消されます。
ブースターが内蔵されている後付け高感度アンテナをつければこれでOK!カーナビの電波の感度をアップさせることが可能です。

また同じような方法でフィルムアンテナを使用する方法もあります。

こちらもブースター内臓の高感度アンテナと同じで、ブースター付きの地デジワンセグ用フィルムアンテナを購入し、取り付けるだけで感度をアップさせることができます。

更に感度をあげるなら、車の窓の上部分に貼り付けるといいですよ。

最後に少し価格は高くなりますが、地デジチューナーを入れる事で感度は数段アップします。

すごくキレイにテレビが映りますが、しつこいようですが価格はお高めです。

テレビ移りがとっても気になり、予算も高めで大丈夫!と言う方にはおススメの方法です!

ワンセグのアンテナ感度アップ!巷で話題の方法はコレ!

外出先でテレビをワンセグでキレイに見たいという方、アルミホイルを利用した方法があるのを知っていますか?

いま巷でチョットした噂になっているようです。

方法はいたって簡単!用意するものもアルミホイルとストローだけなんです。

まずはワンセグのアンテナの長さと同じにストローを切ります。そのストローにアルミホイルを巻き付けて全体を覆って下さい。

そのストローをアンテナにテープなどで留めましょう。

はい!出来上がりです。本当に簡単ですよね!

さて実験結果ですが、ストローなしよりも感度はアップしています・・・。しかし若干です。

ガッチリと感度を良くしてキレイにテレビを見たいという方なら、ワンセグ用のテレビアンテナの方が断然感度はいいですね。

しかしないよりはマシ!少しでも感度を上げたい時に試してみてはいかがでしょうか。

そもそもワンセグって何のことを言うの?ワンセグのはじまりは?

ワンセグの正式名称知ってますか?知らない人の方が多いですよね。「携帯電話・移動端末向けの1セグメント部分受信サービス」っていうんです。

携帯電話や携帯機器で受信をして見られる地上デジタルテレビ放送。

2006年の4月1日から29都道府県で始まったのが最初です。その後同じ年の12月1日からは43県の県庁所在地などでハイビジョン放送と同時に受信できるようになっています。

ワンセグで見る事の出来る番組は、地上デジタル放送と同じ12のセグメントを使用する主番組と同じ。2008年の3月末までは、1つの放送局から同じ番組を流すサイマル放送が義務付けられていました。

今のように部分的ですがワンセグ放送独自の番組放送が見られるようになったのは、2008年4月1日の改正放送法の施行でサイマル放送の義務化が解かれてからなんです。

何気なく見ていたワンセグ放送ですが、このような歴史があったんですね。

ワンセグとフルセグの違い!二つの違いは○○だった!

上記したようにワンセグは1セグメント放送の事です。一部ではワンセグ独自の放送も行われることがありますが、ほぼ家庭で見ている地上デジタル放送と放送内容はかわりません。

ワンセグの歴史をお話ししましたが、なんでワンセグと言うのかよくわからない方は多いと思います。

簡単に言うと周波数の領域は13のセグメントに分かれていて、その1つのセグメントを使って放送しているのをワンセグと言います。

逆に13のセグメントのうち12のセグメントを利用して放送しているのが、フルセグです。
コレだと何となくワンセグの意味が分かったという方が多くなったのではないでしょうか!?

フルセグと言うと「?」と言う方もいらっしゃると思いますが、普段お家で見ている地上デジタルの放送形式がこれにあたります。

お家の放送形式はフルセグ?ワンセグ?と聞かれたら、地上デジタル放送はフルセグですね。

 - 知識・雑学

ページ
上部へ