弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

郵貯の通帳記入をせず放置していたらどうなる?通帳記入は大切!

      2018/06/04

郵貯の通帳記入をせず放置していたらどうなる?通帳記入は大切!

郵貯の通帳記入を長期間せずに放置していた場合はどのようになるのでしょうか。通帳記入をしようと思っても出来なくなることもあるの?

通帳記入を面倒だと感じてあまり行わない人もいるかもしれませんが、質は通帳記入にはメリットもあるのです。

こまめに通帳記入をしていることで防げるトラブルもあります。面倒だと思っても、定期的に通帳記入をした方が良いですよ!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

郵貯の通帳記入を放置していたらどうなる?

通帳の記帳はこまめに行っていますか?

面倒だからといって、あまり記帳をしない人もいますよね。

通帳の記帳を怠っていると、久しぶりに記帳をすると、それまでの取引履歴が合算されて表示されるようになります。

放置していた期間が長いと、出入金の情報を見ることができなくなってしまうのです。

銀行側も、何行も取引履歴を記帳するよりも、まとめて記帳する方がとても楽ですし、時間もかかりません。

ずっと記帳をしていないのであれば、通帳が何冊にもなってしまう可能性がありますから、まとめて記帳される方がメリットがあるのです。

ですが、こうなるといざ取引履歴を見たいという時でも、詳しい情報が見れなくなってしまいます。

ですから通帳への記帳は定期的に、こまめに行うことが、後々困らないということになるのです。

 

郵貯の通帳記入を放置しないで!お金の流れを確認できます!

銀行のATMでは、キャッシュカードと暗証番号がれば、お金の出入金をすることができます。

このため通帳を持っていかなくても利用することができるので、引き出しや預け入れの時に通帳を持参しない人もいます。

ですが、通帳にしっかり記帳をすることで、トラブルを防ぐことができたり、お金の流れをしっかり確認することができるというメリットがあるのです。

通帳に記帳を行うと、その時どのような取引が行われていたかを確認することが出来ます。

支払いを済ませていたのに、支払われていないと訴えられてしまった場合も、通帳に記帳を行っていれば、その履歴を確認することができるため、トラブルを防止することができます。

また、自分がどのくらいのお金を使っているのかも、出入金の記録から確認することができますので、節約の面でも役に立てることができるのです。

通帳記入を放置!そもそも使っていない休眠口座って?

長い間取引が行われていない口座のことを「休眠口座」と言います。

長期間預け入れや引き出しが行われていない口座が銀行にあるときにこう呼ばれます。

使われていない口座があっても気が付いていない人もいますし、残高がないと思っていたのに、実は預金残高があるという場合もあります。

ご家庭に使われていない口座はありませんか?
もしかしたら残高がある休眠口座が眠っているかもしれませんので、一度確認してみると良いでしょう。

休眠口座の預金は、そのまま気づかないでいるとその銀行の収入になってしまいます。

郵貯の通帳を紛失!どんな対処法があるの?

ゆうちょ銀行に口座がある場合、通帳を紛失いてしまった場合は、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。

この場合、誰かにお金を引き出されないように、取引をストップさせる必要があります。

無くしてしまった場合は、その通帳のキャッシュカードがあるか調べてみましょう。両方が無い場合は、銀行に連絡をしてその旨を伝えます。

近くにあるゆうちょ銀行や郵便局・カード紛失センターに電話で連絡をして紛失したことを伝えましょう。

この時、自分の名前や住所、届け出されている電話番号が必要になります。

正しい情報を答えられるようにしましょう。

自分で連絡が出来ない場合は、代理の人に頼んでも良いので、出来るだけ早く連絡をするようにしましょう。

聴覚障害や言語障害があって電話での連絡が難しい場合は、インターネットを使った専用の窓口があります。

そちらに連絡をしましょう。

紛失の時は「早急に」取引の中止を連絡することで、第三者に大切な預金を使われることを防ぐことができますよ!

落ち着いて紛失してしまったことを連絡しましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ