弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

モルディブへ新婚旅行!必要な持ち物はこれ!

      2018/05/31

モルディブへ新婚旅行!必要な持ち物はこれ!

モルディブへの新婚旅行。青い海に白い砂浜、本当に楽しみですよね。

モルディブ旅行を楽しむためにも、持ち物はしっかり準備しておきましょう。

モルディブ新婚旅行で必ず必要な持ち物、あったら便利な持ち物などご紹介します!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

モルディブ新婚旅行で必ず必要な持ち物とは?

海外旅行で忘れていけないのが「パスポート」です。必ず必要です!万が一紛失した時に備え、パスポートをコピーしておくと安心です。航空チケットもお忘れなく。

ある程度の「現金(日本円)」も必要です。
空港までの交通費はもちろん、旅行前後の食事代もかかります。2~3万円ほど用意しておくと安心でしょう。

モルディブでの支払いは米ドルになります。現地でどのくらい使うかによって違いはありますが、日本で2~3万円くらい両替をし、現金で「米ドル」を準備しておくといいでしょう。
また、モルディブはチップの習慣がありますので、それに備えて「1ドル札(現金)」を予め両替して準備しておくと大変便利です。

現金も大切ですが、「クレジットカード」も重要です。
現地で使えないカードもありますので、カードはできれば2~3枚、ブランドが違うものを用意しておきましょう。海外旅行の自動付帯付きがおすすめです。

モルディブ旅行で欠かせないのが「水着」です。
夏以外の季節にモルディブへ行くとなると水着を探すのも苦労します。ネット通販などを利用して、予め2~3枚くらいは用意しておきたいところです。

モルディブ新婚旅行の持ち物で衣類関係で必要なものは?

どんな洋服を用意すべきかも迷うところです。
これは宿泊するホテルによっては、ディナーの際に完全にカジュアルな恰好でも良い場合もあれば、カシッとしているとこもあります。
事前にドレスコードを確認して、それにあった服装を準備しなければなりません。

モルディブ旅行中は、動きやすいTシャツ・短パンで十分です。パジャマ替わりとしても使用できますのでぜひ用意してください。

下着や靴下も必ず数枚必要ですが、Tシャツや短パンも同様、3日分くらいはもっていって、あとは洗濯して過ごすくらいがちょうどいいかもしれません。

モルディブは朝夕は冷えるから、薄手の長袖くらいは必要!と聞いたことあると思いますが、日本の冬に旅行した人でも、実際は暑すぎて使用しなかったという意見もあります。心配なら一枚はもっていっても構いませんが、それほど重要ではないかもしれません。

モルディブ旅行で帽子は必須です。
陽射しがとても強いので、帽子は必ず用意しておきましょう。目を保護する意味でも、サングラスも用意しておくといいでしょう。

モルディブ新婚旅行であったら便利なおすすめの持ち物は?

あったら便利なおすすめのもの、一つ目は「防水カメラ」です。

モルディブの青い海。海の中に入ったら絶対撮りたくなります!水に入れても問題のない防水タイプのカメラをぜひ用意しましょう。
海だけでなく、万が一雨が降った時も気にせず使えますので、旅行カメラとして活躍すること間違いありません。
また、海で落としてしまう可能性もあるので、ストラップにしておくと安心です。

また、意外とあって便利なのが「酔い止め薬」です。
普段乗り物酔いをしない人でも、体調によって酔ってしまう可能性もあります。
もともと酔いやすい人はもちろんですが、大丈夫と自信がある人もぜひとも用意して欲しいです。
せっかくの新婚旅行、乗り物酔いで旅行中辛い状況のまま過ごすのはもったいないです。自分の身体に合った酔い止めをぜひとも用意しましょう。

酔い止めに合わせて、普段飲んでいる胃薬や腹痛などに効く薬なども常備すると安心ですね。

モルディブへ新婚旅行に行きたいけど費用が心配、安く行くには?

モルディブへ新婚旅行へ行きたい気持ちがあっても、気になるのは「費用」です。
安く行く方法はあるのでしょうか。

モルディブのベストシーズン以外に行く

乾季にあたる12月~4月ころがモルディブのベストシーズン。雨も少なく晴れる日が多いため人気のある時期です。
当然値段も高くなるので、時期をずらすと費用も安くすみます。

雨季になる5月~9月は値段も下がるのでおすすめです。それに雨季といっても、スコールが1日に1~2回程度あるくらい。それ以外は晴れていることが多いので問題なく過ごすことができます。
ただし強風や高波が発生している日は海で泳ぐことができないのでご注意を。

「モルディブに行ったら水上ヴィラに泊まりたい!」という気持ちもわかります。
呼び名はホテルによって違いますが、海の上に建てらえた部屋に泊まるのはモルディブの醍醐味でもあります。

目が覚めたら一目青い海という好条件なので、人気がある分当然値段も高くなります。

費用を少しでも安くしたいのなら、オーシャンビューの部屋は諦めるしかありません。こだわりを失くせば値段を下げて宿泊できます。

モルディブへ新婚旅行!旅行での注意点は?

モルディブという国は敬虔なイスラム教です。
イスラム歴にあたる第9月該当の月に「ラマダン」が1カ月ほど行われます。その期間中のイスラム教徒は、日の出から日没まで、全ての飲食や喫煙が禁じられるのです。

よって、首都マレのほとんどのレストランやカフェは、昼間営業しません。

事前に観光エリアで営業しているレストランを予約しておくなど、何かしらの対策が必要になります。

ちなみに、交通機関のフェリーも、日没・院理の時間は1時間程度運航しないのでご注意ください。

敬虔なイスラム教徒の国なので、服装にも注意が必要です。
リゾート地ではさほど問題ありませんが、ローカル地方では、女性は肩や膝の隠れる服装、男性は長ズボンにワイシャツなどが基本です。リゾート以外で女性がビキニになるのは禁止だと心得ておきましょう。

アルコールもリゾート地以外では販売や飲酒が禁止されています。

モルディブの島から出る手段は、ボートか飛行機のチャーターになりますので、ゆったり島に滞在しなければならないと覚えておきましょう。

 - 旅行・スポット

ページ
上部へ