弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ベースの練習を始めたい初心者の方へ!効率の良い練習法を紹介!

      2018/05/31

ベースの練習を始めたい初心者の方へ!効率の良い練習法を紹介!

ベースの練習をこれから始めようと思っている初心者のみなさん!

まずは練習を始める前にチェックしてほしい事があります!

そしてベースの練習は単調でつまらない!なんて思っていませんか?効率の良い練習法も紹介します!

ベースの練習は毎日した方がいいのか、その練習時間についてや、バンド内のベースの役割についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ベース初心者の人は!練習を始める前にコレをチェック!

ベース初心者の方!どのように練習を始めたらいいの?と悩んでいませんか?

初めてベースを弾いてみると、なかなか難しいですよね。弦を押える指に力がはいらなかったり、ツーフィンガーで弾いてみても強い音はなかなか出ないと思います。

そして、弾き続ける手は特定の筋肉を酷使しますし、指先の皮も厚くないとすぐに痛くなってしまいます。
本当に弾き慣れるまでが大変ですよね。

でも!練習を続けると、必要な筋肉がついて疲れにくくなってきますよ!そして指の皮も厚くなって痛くならないのです。

そのためには、やっぱり1日10分でもいいので毎日練習する事が大事ですよ!週末に長時間の練習をするよりも、少しの時間でもいいので毎日練習しましょう!

また、練習をする時は生音だと音程が聞き取りづらいので、アンプを使って音をだすようにしましょう。夜間などは、音量を絞ったりヘッドフォンを使用して練習してくださいね!

ベース練習はおもしろくない!?そんな初心者の方へ

ベースの練習曲は単調でおもしろくない!

そう思っているベース初心者の方はいませんか?

ベースの練習て本当に単調ですよね。ドレミドレミドレミって曲にならなくて楽しくないのです。

こんな練習を毎日何時間もなんてできないし、嫌いになってしまいそう。
初心者でもカッコイイ曲を弾きたいですよね!

私も同じでした。初めからカッコイイ曲を弾きたかったです!
なのにガマンして毎日ドレミドレミって練習をしてました。

それで絶望してやめてしまう人が多いのだそうです。

初心者は1日5時間は練習するのが当たり前とか、単調な曲をやるのが当たり前とか、好きな曲を弾くのは10年早いとか色々言われてますが本当にそうなのでしょか?

私はそんな事ないと思うのです。
ベースの練習は、頑張りすぎないでいいとおもうのです。
毎日何時間も練習したとしても楽しくないのなら上達しないと思います。

それなら楽しく練習ができる時間だけで充分だと思うのです。
楽しくできる時間は人によって違いがあると思いますが、1日15分でも1時間でも楽しいと思える時間の練習で十分ですよ!

ベース初心者へ。効率の良い練習法を紹介します!

ベース初心者のみなさん!効率の良い練習方法を知りたくないですか?

練習法を紹介しますよ!

まずは、開放弦を使ってピッキングする練習法からです。これは楽譜の読み方とピッキングのやり方が分かったら始めましょう。

練習の時には、できればメトロノームを使用する事がオススメです。ベースはリズムの正確性が求められるからです。
いつもの練習でメトロノームを使用して、リズム感も一緒に鍛えましょう!

始めはゆっくりで、慣れてきたら少しずつテンポを速くしていきます。
そしてもっと慣れたら反対にずごくゆっくりのテンポで弾いてみましょう。
正確なリズムを保つのは、ゆっくりと弾く方が難しいのです。

少しリズムに変化をつけて、色々とテンポを変えて楽しんでみたら、今度はメロディーを弾いてみましょう。押さえ方は、手首を前の方に出して、やわらかく指を立てるようにします。変な癖がついてしまわないように、最初は意識して自然にやわらかくフレットを押さえるようにしましょうね。

最初のうちは、指がつりそうになるかもしれません。無理はしないで徐々にミュートできるようにしましょう。

これを踏まえてメロディー弾きに挑戦しましょうね!

エレキベースの練習について!毎日したほうがいいの?時間は?

ベースの練習をしている人は、毎日練習した方がいいのか、その時間はどれくらいがいいのかと悩んでいませんか?

毎日練習した方がいいのかという事に関しては、答えは「した方がいい」です。
ベースの練習は、なれない動きを何回もやって体に馴染ませる事です。その馴染ませるという事は、ただフレーズを覚えるだけとかではなく、自然に指が動いて当たり前のように弾ける事を言うのです。

毎日練習をしてできるようになっても、数日弾かないと結構忘れてしまうものです。

毎日練習をする時間がなかなか取れなくてへこんでしまう人もいるかもしれませんが、それよりもサボり癖が付かないようにしてくださいね。
毎日練習をしなくてはいけない!と思うよりも、気軽に楽しむ気持ちも大事ですよ!

また、練習時間についてですが、1日10分の人もいれば、最低1時間練習をしないといけないとか色々聞きますが、人によって集中力も違いますし、目標によっても練習時間は変わってくると思います。

知っていますか?これがバンドでのベースの役割ですよ!

あなたはバンド内でのベースの役割を知っていますか?

バンドで演奏する時の役割を知っておく事は大事ですよ!
ちゃんと役割を把握してください!

ベースはバンドの土台

ベースは地味なイメージだと思いませんか?それは「バンドの土台」という役割を担っているからです、バンドの柱として、常に演奏を支えているという重要なパートなのです。

ベースはリズム楽器

ベースとドラムは、セットでリズム隊と呼ばれることがありますよね。ベースはドラムと息を合わせて、しっかりとリズムを作っていく役割がありますよ。

曲の道作りにベースは重要

ベースはコードの要になるベース音を担当する事が多くあり、このベース音こそが曲の道を作っていると言っても良いと思います。

ベースはソロを弾くこともできる

ベースだからといって、常にベース音だけ弾いていなければならない?そんな事はありません。ベースがソロを弾くこともありますよ!べース音でソロを弾くと、とてもカッコイイです!

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ