弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

バドミントンの上達法を知りたい! 短期間で上手くなりたい!

      2018/05/31

バドミントンの上達法を知りたい! 短期間で上手くなりたい!

バドミントンがうまくなりたい!短期間でも上達できる方法ってあるのでしょうか?

先生にバドミントンの上達法を聞いてみました。グリップやフットワークなどに注意してみて下さい。

また、スマッシュをかっこよく決めたいですよね!コツやポイント、バドミントンのラケットの選び方で気を付けることについてなどご紹介していきます。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

バドミントンの上達法! 短期間でできること

初心者がバドミントンを短期間で上達したいのであれば、まず正しい打ち方を身に付けるようにしましょう。これができていないと、伸び悩む原因にもなってしまうからです。
まずは「グリップ」。ラケットの正しい握り方ができていないと、中級者や上級者になった時に打てる球種の数が減ってしまいます。正しい握り方ができているかチェックしましょう。

「フットワーク」も大切です。初心者のうちは、後ろに下がる動作が難しく感じるかもしれませんが、早めにしっかりと体に染み込ませましょう。

「フットワーク」は常に一定ではありません。上級者の人であっても、転んでシャトルを拾うシ―ンがあります。ある意味シャトルを追うことができる人は本当にバドミントンが強い人ともいえるでしょう。

「フットワーク」の動きを完璧に覚えて、ハングリー精神でシャトルを追うことができるようになりたいですね。

バドミントンの先生が教える上達法!短期間でも?

あるバドミントン部の先生は「誰でもバドミントンのトップ選手になることはできる!」と言います。

バドミントンにはシングルスとダブルスがありますが、 シングルスでの攻め方と守り方、各種打ち方ごとのラリーの作り方、ダブルスにおけるペアとのオフェンス戦術とディフェンス戦術を身に付ければレベルアップできるそうです。

そのためには、攻めるための戦術や守るための戦術を意識することが大切です。他にも、相手に崩されないための守りのスタンスを意識することや多様な攻めのテクニックなども必要となります。

しかし、練習中にこれらのことを意識するだけでかならず上達すると言うのです。

バドミントンの試合で生じるポジショニングや攻めと守り、戦術パターンを想定した練習を実践しましょう。そうすれば結果がついてくるでしょう。

バドミントンの上達法!短期間で上達するためにはラケットも重要です!

バドミントンを上達させるには、自分に合ったラケットを見つけることも大切です。それによって上達スピードも上がるでしょう。

ラケットは安いものから高いものまで、かなり値段に差があります。高価なラケットほど良いと考える人も多いでしょうが、自分にとって使いにくいものであれば意味はありません。スポーツ店などに直接行って、自分でラケットを握ってみましょう。重さや握りやすさ、そして振りやすさなどを確認して、自分に合うものを探しましょう。

ラケットは、重いものほどハードヒッター向きと言われています。その方が球威がつきやすいからです。しかし初心者のうちはコントロールするのが難しいでしょう。初心者であれば、振りぬきやすい重さのものを選ぶようにしましょう。

フレーム・シャフトの硬度にも注意しましょう。硬いラケットの方がコントロールしやすいですが、ひじや手首に負担がかかります。初心者の場合は、あまり硬すぎないほうが よいでしょう。

ガットの張り具合はポンド数で表示されています。ガットの張りは数字が大きいほど硬くなります。硬い方が球威も出てスピードも速くなりますが、ラケットが折れやすくなったりします。初心者は20ポンドくらいが良いかもしれません。

グリップの太さは太い方が球威がつきますが、自分に合ったものを選ぶようにした方が良いでしょう。

一人で出来る!バドミントンの練習

一人でバドミントンの練習をするのであれば「シャトル打ち上げ」から始めましょう。

ラケットでシャトルを真上に連続で打ち上げるのですが、高く上げればレシーブ力の強化につながります。

自分の頭くらいの高さにコントロールしながら打つ練習をすれば、ヘアピン時コントロール力がつくでしょう。

家の廊下などにネットの高さくらいの紐を張れば、ショートサーブの練習もできます。狙ったポイントに正確にシャトルをコントロールする技術を身に付けるための練習です。

ちょっと離れた場所にシャトルの筒を置いて、それを狙ってサーブをするような練習でも効果はあります。

時間がある時にやってみましょう。部活の練習ではそれほどショートサーブの練習をしない人にはおすすめです。

バドミントンのスマッシュのコツ!

バドミントンのスマッシュを打つ場合は、 シャトルの落下地点より後ろに行きましょう。パワーをきちんとシャトルに伝えられるように正しくポジションを取ることが大切です。

体重は後ろから前にかけられるように、そして半身になるようにします。

ここで正面を向いていると、シャトルへは腕のパワーしか伝えることができません。腰をひねり半身になることによって、スピードにのってしっかりとパワーを伝えることができます。

スマッシュは高い位置で打つようにしないと、角度がつきません。中途半端な高さになってしまうと、相手に上から打たれてしまったりドライブでリターンされたりします。そのため角度があるスマッシュを打つ必要があるのです。

打点は少し前にしましょう。自分の頭の真上がベストです。

力はスマッシュを打つ瞬間だけに入れるようにしましょう。打つ前からグリップに力を入れて握ってしまっていると、肩やひじに力がうまく伝わりません。ラケットスピードも上がらない原因になってしまいます。

 - スポーツ

ページ
上部へ