弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

タバコの賞味期限の疑問!開封後では味が変わるのかを調査

      2018/06/04

タバコの賞味期限の疑問!開封後では味が変わるのかを調査

タバコには賞味期限があります。

毎日吸う方にとっては、賞味期限なんて気にしたことない!という方も多いと思いますが、タバコは開封後と開封前とでは賞味期限も変わってくるそうです。
健康にも注意しながら吸うことに注意も必要です。

今回ここでは、タバコの賞味期限について調査しました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

タバコの賞味期限、開封後では?味も変わる?

タバコには賞味期限があるのか、開封後でも賞味期限に差はないのか気になるところ。

開封後のタバコに関しては、賞味期限内であっても不味くなってしまう可能性はあります。乾燥が進みやすくなるので味も変化しますし、着香成分も蒸発してなくなってしまいます。それらを考慮しても、一度開封してしまったタバコの賞味期限は短くなると言えるでしょう。

ですが一般的には、タバコの賞味期限が切れていても、変な臭いがしたりカビがはえたりしていないようであれば、吸っても問題はありません。ただ味はかなり落ちるので、不味くはなります。

賞味期限内であっても、保存状態が悪くカビやシミがあるようなタバコでしたら、そのタバコを吸うのをやめた方がいいでしょう。変な病気にならずに済みますし、それが賢い選択ではないでしょうか。

タバコを車の中にずっと放置している方もいますが、一日放置しただけで味は各段に悪くなります。湿気るより乾燥が進むようです。

タバコを開封後に賞味期限が切れたと分かった時点で捨てるべき?

タバコの値段も高いですし、万が一賞味期限が切れてしまったとしても捨てるのはもったいないと感じてしまいますよね。

しかし、タバコには賞味期限がありますので切れたと分かった時点で、なるべく捨てることをおすすめします。

タバコは箱の状態だと製造コードや賞味期限を見ることで、そのタバコがいつまで吸えるのかが確認できますが、箱から出してしまってタバコが混ざってしまうと、賞味期限切れの判断がつかなくなります。

賞味期限切れに気付かず吸ってしまうことになると、吸っても美味しくないです何より体に良くありません。
少しでも体を崩さないためにも、期限切れを失くす努力をしましょう。

タバコ自体が体にとって悪影響なので、さらにカビやシミのついたタバコを吸えばもっと体に悪いということは十分理解できると思います。

賞味期限切れのタバコに害はないといった噂も確かにありますが、保存場所に気を付けることも大切です。

タバコの賞味期限が過ぎても開封後でなく未開封なら問題ない?

日本のタバコには、箱の横に賞味期限の記載があります。
賞味期限は、大体タバコが作られてから10ヶ月が目安となっています。

ただしあくまでも未開封での場合になるので、開封後の賞味期限はもっと短くなるのは確かです。正確な日数までは分かりませんが、開封したら1ヶ月はもたないのではというのが多くの意見です。

タバコによって風味も違うので、開封後1~2日で味が大きく変わるタバコもあれば、メンソールのタバコでは、2日後には既にメンソールの味はしないという意見もあります。

タバコの保存状態でも大きく違ってくるので、開封後でも車に1日中放置している場合は、パサパサして不味いタバコへとなってしまうという意見も多くありました。乾燥も大敵ですが、湿気が高い場所で保存するのもタバコの味に大きな影響があることがわかりました。

1箱を短時間で吸う人もいれば、1日1本くらいを20日かけて吸う人もいるでしょう。長時間かけて吸う人の場合だと、タバコの味が多少変化してもその味わいが当たり前となるため、変化に気付かないという場合もあります。

開封後は最低でも2日以内い吸うのが望ましいでしょう。

賞味期限が切れたタバコを吸う前にチェックしたい点とは?

賞味期限が切れたのかどうなのか、まずチェックしたい項目としては、カビやシミがないかです。

賞味期限切れのタバコ自体が問題ではなく、カビやシミがあること自体が問題なのです。特に赤カビや黒カビがあるタバコは絶対に吸ってはいけません。
カビのはえたタバコを吸ってしまうと、体に危険を及ぼすこともあります。

また、吸ってみて「タバコが不味い」と感じたら吸うのをやめましょう。

賞味期限切れのタバコで共通するのが、タバコの不味さです。
実際に吸って失敗した!という意見はたくさんあります。

吸って不味いのは、着香した成分が全て揮発してしまったためです。味が変わるだけでなく、乾燥によって辛みが強くでてしまいます。
先程の申し上げたとおり、メンソールのタバコに至っては、賞味期限が切れてしまうと数日で抜けてしまうので、メンソール特有の美味しさを味わうことはできません。

タバコを吸う前に、吸って問題がないかをしっかりチェックしましょう。

タバコの賞味期限はどのくらいで設定されているの?

タバコの賞味期限は、製造から大体10ヶ月後と認定されていますが、たまに自販機や販売店で購入したタバコを目にして、賞味期限が切れてしまったタバコを購入してしまうこともあります。
その場合は、販売店もしくはタバコを販売している会社まで連絡することで、新しいタバコと交換することはできます。

稀なケースではありますが、賞味期限切れのタバコを手にすることはありますので、交換できると知っているだけでも安心ですよね。

タバコをまとめ買いする方も多いと思いますが、保管場所には注意が必要です。
なるべく日が当たらない、湿気の少ない場所で保管するのがベストです。タバコは紙にまかれているので、賞味期限前でも、湿気が強い場所など保存状態が悪いと劣化してしまう可能性はあります。

賞味期限切れののタバコを吸うのは、食品と違ってお腹が痛くなったりすることはほとんど有りません。味が落ちるのが最大の欠点です。

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ