弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

グッピーの水槽の水換えをする時にはこんなことに気をつけて!

      2018/05/30

グッピーの水槽の水換えをする時にはこんなことに気をつけて!

初めてグッピーを購入した時、水槽の水換えをする時や準備や用意するものなどはどんなものがあれば良いのでしょうか?またどのくらいの頻度での水換えをするのが良いのでしょうか?

水換えする時の知っておきたい注意点などの、お役立ち情報を調べてみました。

その他にもグッピーの水温に最適な温度なども合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

グッピーの水槽の水換え方法や用意するもの

熱帯魚を飼育するのに欠かせないのが水槽の水替えです。

グッピーなどの小さな熱帯魚を飼っていても水槽は汚れます。汚れの原因はフンや尿、エサの食べ残しなど、大抵の汚れはバクテリアが分解しますが、少しずつ汚れが蓄積されていき水が濁ってきます。

汚い水は見た目が悪いばかりか、熱帯魚にも良くないので水替えをしなくてはいけません。

用意するものは水替え用のバケツ、水槽の水をかき混ぜるもの(網)、タオル、カルキ抜きがあると便利です。

水替えは水槽の水を一度に変えずに2週間に1回程度、水槽の水の3分の1を目安にして取り換えると熱帯魚への負担も少なくて済みます。

全ての水をかえてしまうとカルキ抜きなど、熱帯魚が過ごしやすい水質にするのが難しい場合があります。

水槽の水を残して水替えをする事で、水質が安定しやすくなります。

それに水替えもラクですねよ~。ガッチリと汚れてから水替えをするのではなく細かに水替えをする事をオススメします。

グッピーの水槽の水換えをする際はこんなことにも注意を!

水槽の掃除をする時に水が入っているからと言って、フィルターやヒーターなどの電気周りをつけたままにしないようにしましょう。

掃除をする時はコンセントを抜いて水がかからないところに退避させておいてください。
フィルターも少ない水で回していると故障の原因となる場合がありますし、ヒーターやサーモスタットなどは空気中に出てしまうと、機械に熱がこもってしまい故障や発火してしまう場合もあります。

コンセントを抜いた事を確認して水を抜いて下さい。

水を抜いたら水槽の壁の汚れやコケなどをキレイにします。専用のスポンジを使ったり苔取も販売されているのでアクアショップなどで探してみて下さい。

しっかりと苔をとる事で、その後の水槽の水の汚れ具合も違ってきます。

コケをキレイにしたら最後にゴミを網ですくう事も忘れずに。

グッピーの水槽のメンテナンスや水換えの頻度や注意点

グッピーは生命力が強い熱帯魚なので2週間に1度の水替えでも十分ですが、週に1度を目安にして熱帯魚の水槽の水替えを行う場合が多いです。

水替えの量は水槽内の環境もありますが、上記したように水の3分の1程度を交換してください。

もし水槽の水がすごく汚れていたとしても、水替えの量は2分の1程度です。水替えの量が多すぎると熱帯魚が弱ってしまう場合があります。

またバクテリアの量も減ってしまうので注意が必要です。

もちろん水替えの水はカルキ抜きをしてから水槽に移してください。冷たすぎる水は水槽内の温度を低くしてしまうので、室温程度の水の温度が良いでしょう。

その他にも掃除は短時間で素早く済ます方が熱帯魚にストレスを与えずに済みます。

丁寧にキレイにしたい気持ちは分かりますが、熱帯魚の事を考え要領よく素早く行ってください。

グッピーの水槽の水換えをする時にはカルキ抜きにも注意を!

水道水には殺菌の為に塩素が含まれているのは、皆さんご存知だと思います。

この塩素は人間が水を飲んでも、異常はありません。

しかし熱帯魚にとってはどうかと言うと、水道水をそのまま水槽に入れてしまうとエラの細胞を壊してしまうので危険です。

熱帯魚の水槽の水替えを行う時は、必ずカルキ抜きを行ってからでないといけないのは、このような理由があるからです。

カルキ抜きはけっして難しくはありません。手軽な方法がありますよ!

それは市販されているカルキ抜きを使う事です。時間をかけずにカルキ抜きを水に入れればすぐに水が中和されるものもあるので、とっても便利ですね。

カルキ抜きを使わない場合は、バケツなどに水を汲み置きして2~3日太陽の光にあてておけば塩素が抜けます。

時間がある時にはこの方法が使えますが、今すぐに水をかえたいという場合には不向きですね。

グッピーに適した水温はどのくらいが最適なの?

水を変える時の水の温度は室温程度とお話ししましたが、温度でいうと25度前後です。

だからと言って25度ピッタリでなくても大丈夫ですよ、23度でも26度でも25度になるべく近い温度にしてあげるといいです。

注意したいのは今までの水槽の温度が、すごく変わってしまうような場合です。

冷たい水を水槽に入れるのは良くありません。もともとグッピーは温度変化が少ない場所で育ちます。急激な温度変化はグッピーを弱らせてしまう原因になる場合もあります。

また部屋の温度などが極端に低い場合も注意が必要です。

水槽の水の温度が下がり過ぎないように工夫をして下さい。部屋の温度を上げて一定に保つようにしたリ、部屋の温度を上げられない場合は水槽用のヒーターなどを利用するといいでしょう。

グッピーは水の温度が15度程度でも生きる事が出来ますが、それは最低温度であってグッピーが最適に過ごせる温度ではありません。水槽の温度は最低でも20度はあるようにしてあげて下さい。

グッピーが丈夫に病気をせず過ごすためには水質だけでなく温度にも気をつけましょう。

 - 動物・ペット

ページ
上部へ