弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

お腹が鳴るのを止めるには?朝ごはんの工夫や抑える方法

      2018/05/30

お腹が鳴るのを止めるには?朝ごはんの工夫や抑える方法

会議中や授業中など静かな時に限って、お腹が鳴るという経験はありませんか?

そんなお腹が鳴るのを止めるには、やはり朝ごはんをしっかり食べることが大切です。
また、朝ごはんを食べてきたのに、お腹が鳴るという人もいるのではないでしょうか?

そこで、お腹が鳴る原因や朝ごはんの工夫、またお腹が鳴るのを抑える方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

朝ごはんを食べてるのにお腹が鳴るのは?止める方法とは

朝ご飯を食べているのに、お腹が鳴るその仕組み

空腹でお腹が鳴っているのは胃です。胃は胃の中に何もなくても伸びたり縮んだり動いています。突然強く縮んだりしたときに、空の胃の上部に溜まっていた空気が圧迫されるため、お腹から音が鳴ります。

なお、腸でも音がなることはあります。手術などで胃を全て摘出した場合でもお腹の音がなるので、空腹時に音が鳴るのは胃だけとは限りません。

空腹時以外に音が鳴る場合もあります。お腹が空いている訳ではないのにお腹から音がする場合は、腸から音がしていることが多いです。腸に溜まった空気やガスが鳴っているためです。

お腹の音を抑える方法や止める方法

飲食をするときに、出来るだけ空気を一緒に取り込まないようにするのは良い方法だと思います。食べ物を食べれない場合でも水分を取れるなら水分を取ると良いでしょう。

空気を取り込まないようにするとは逆の方法で、胃に空気を入れてお腹を膨らませることで、お腹が鳴る前に一時的に胃腸の動きを止めるという方法もあります。

手のひらの親指と人差し指の間にお腹の音と抑えるのに効くツボもあるらしいです。

お腹が鳴るのを止めるためには、朝ごはんや食べ物にも工夫を

お腹が鳴るのを止めるには、ご飯をゆっくり食べる

特に朝は時間が無くて急いで朝食を食べる人も多いと思いますが、早食いはお腹が鳴る原因になってしまいます。

お腹が鳴るのが気になる場合には、酸飲料は控える

炭酸飲料に含まれている炭酸ガスは胃腸内に空気を発生させる原因になります。お腹が鳴るのが気になる人で炭酸飲料を飲んでいる人は控えてみましょう。

お腹が鳴るのが気になる場合は、刺激物を食べない

熱すぎる、冷たすぎる、辛すぎるなどの刺激はお腹の動きを活発にします。適度な温度や辛味に抑えましょう。

 

お腹が鳴るのを止めるには、腹持ちの良い朝ごはんを!

朝起きて脳や胃も目覚めたら、腹持ちの良い朝ご飯を食べましょう。朝は食べられないという人もいますが、胃は食べ物が入ってくると活発に消化活動を始めます。

消化が終わった食べ物から体内を移動させようとぜん動運動をして、この時に空腹だとお腹が鳴ってしまいます。腹持ちの良いご飯を食べると、お昼前にお腹が鳴って恥ずかしい思いをするのを防いでくれます。

しかし、朝は時間が無くてちゃんとした食事を作って食べる余裕がない人も多いでしょう。朝ご飯は手早く簡単に用意して食べられるものが良いですよね。

かといって、食パン一枚ではお昼までは持ちません。そこで、おすすめなのはピーナッツバターです。ちなみに、ピーナッツクリームではなくピーナッツバターです。クリームかバターかは大きな違いですので間違えないようにしましょう。

ピーナッツバターを塗って食べるだけで、食パンだけ食べるよりも腹持ちが良くなります。

アメリカの研究では、乳製品のバターを塗って食べたグループとピーナッツバターを塗って食べたグループを分けて実験したところ、空腹を感じるまでの時間がピーナッツバターの方が長くなったという結果が得られました。

ジャムやマーガリンなど食パンに塗っていた人はピーナッツバターに変えてみてはいかがでしょうか?何か塗るという手間は変わりませんので、試してみる価値はあると思います。

お腹が鳴ってしまったときに効果のある方法とは!

お腹が鳴る時には、背伸びをする

背伸びをすると胃の収縮運動で空気が腸へ移動する時の音が一時的に抑えられるという噂があります。

結果はほとんど効果が感じられませんでした。
背のびをすると、ポジティブな気持ちに切り替えたり
肩こりに効果的と言われていますが、お腹の音にはあまり効き目を感じられませんでした。

お腹が鳴る時には、お腹を膨らませる

胃に空気を取り込んで胃の収縮運動を抑えることでお腹が鳴るのを防ぐという手段です。

結果は、お腹の音が小さくなる程度の効果でした。
お腹の音が鳴らなくする効果は感じられませんでしたが、音は小さくなったように思います。

 

お腹が鳴るのはストレスが原因なことも!?

お腹がなるのは空腹時だけとは限らないようです。人間関係や仕事、将来への不安などストレスは発散しなければ貯まる一方です。

ストレスが溜まり続けると、心身に不調をきたしてしまいます。腹痛などが有名な症状ですが、お腹が鳴るようになるケースも多くあります。

人の胃腸の動きは自律神経によって管理されています。自律神経は交感神経と副交感神経という二つの反対の性質がある神経でバランスを保っています。しかし、ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまうと、お腹が鳴りやすくなってしまうことがあります。

お腹を慣らすのは、交感神経です。交感神経は、興奮の神経で仕事で行くなどの行動的な働きに作用します。自律神経は蝶と脳を直接繋いでいて、自律神経を左右するホルモンは脳と同等程胃や腸にも存在しているという説があります。

日常生活や仕事などでストレスが溜まって、交感神経が優位になるとお腹がなったり腹痛などの症状が出ると考えられています。

ストレスが原因でお腹が鳴る場合は、ただお腹が鳴ることへの対策をしても、一時しのぎにしかなりません。ストレスの元を解消したりストレス発散しなければ改善しないでしょう。

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ