弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

精神年齢が高い子供って?そんな子供の特徴について

      2018/05/30

精神年齢が高い子供って?そんな子供の特徴について

精神年齢が高い子供っていますよね?
大人っぽい雰囲気だったり、考え方が子供らしくないというか…。

これは、知能指数が高いという先天性のものもありますが、生活環境により大人にならざるを得ないということもあります。

子供の個性によるものもありますので、その子の長所として認めてあげる必要があるのではないのでしょうか?
また、大人の都合で「手のかからないいい子」に育てないように注意しなければなりません。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

精神年齢の高い子供の特徴とは?

小学生の低学年は幼稚園の延長線上で、自己中心的に行動したり協調性がない。まだ母親に依存している時期で、高学年になると自立心が出て来るので、少しずつ親離れする準備をします。低学年の時期でも精神年齢の高い子供がいます。次のような特徴があります。

精神年齢の高い子供は、我慢強い特徴がある。

精神年齢の高い子供の特徴に、我慢強いことがあります。欲しい物を欲しいといえない、友達に譲る。自分の感情を出さないで我慢していることが多いです。親の顔色をうかがって生活しているのでこのような行動になります。自分がこういうと親が困る、心配するとわかっているのでそのような言動はしないといった傾向が見られます。

精神年齢の高い子は、周囲との波長が合わない。

精神年齢の高い子供の特徴で、周りの友達の行動についていけません。周りの子供の行動が子供っぽいと思ってしまったり、話が合わないと孤独感を感じることがあります。

精神年齢の高い子は、周囲の大人からいい子と言われる事が多い。

周りにいる人の気持ちを理解し気をつかうことが出来るので、周囲の大人たちから「いい子」と言われることが多い。

精神年齢が高い子供の概念とは

精神年齢はその人の現状です。同じ年齢の時の生活年齢と比べて、知能指数として数値を出します。精神年齢が高いというのは知能指数が高いことになります。性格が子供っぽくても知能指数が高い場合もあります。

知能がすごく高い子供のことを、大人は嫌うことがあります。特に先生にありがちですが大人の不愉快な感情がクラスの間に広がり、学校で孤立することが起こることもあります。
「あの子は子供らしくないから嫌い」「子供のくせに何を考えているかわからない」このようなことがあります。

小学生の頃のこのような差別を受けた人の多くは知能が高い人が多いです。その人の中にはなるべく他人と関わらないようにしている人もいます。

精神年齢が高い子供に育つのは、生活環境が大きくかかわってくる

先天的なものと後天的なものは両方関わってきます。持って生まれた性格と育ってきた環境。

例えば、小さな頃からとても厳しい環境で育った子供は、生きていくための知恵を身につけないといけないので、精神年齢が高くなります。簡単に言うと苦労すると精神年齢は高くなる。

精神年齢が低いと言うことは恵まれた環境で育ったということだと思います。暖かい家庭、優しい母親、優しい友人に恵まれ困っていると絶対助けてくれるので安心感があります。

今の状態のままで精神年齢を上げると言うことは難しく「本人が気が付く」ことが精神年齢の高さになると思います。

私は4人兄弟の中間子。親は放任主義だったので自分のことは自分でやらないと誰もやってはくれませんでした。自分の子供は同じ年齢だった頃と比べると我が子はとても考えが幼いです。

大人になるにつれ思った事は、わがままで天真爛漫に育てられたかった。親に気を遣う子供だったのでわがままに育てられている友達が羨ましいと思っていました。年齢を重ねると成長するのでゆっくり自立をすればいいのだと思います。

精神年齢チェック!あなたの精神年齢は?

あなたの精神年齢は?何歳?見た目は大人でも中身は子供の人を多く見かけます。他人を幼稚だと感じる事がありますが自分はどうでしょうか。

心理テストで、自分の精神年齢を確認してみましょう。

Q1、あなたは子犬を飼い始めました。でもあなたにだけなかなか懐きません。さてどうしますか?

  • 餌をあげる
  • 優しくなでたり触ったりして可愛がる
  • おもちゃで一緒に遊ぶ
  • 一緒に散歩に出かける

犬に対してする行動はあなたがしてもらうと嬉しい(相手になつく)こと。

では回答です!

餌をあげる=精神年齢10代

物をあげれば懐くという考えは少し子供っぽいですが無邪気で素直でもあります。

優しくなでたり触ったりして可愛がる=精神年齢20~30代

優しくさわると言うことは、本能的に愛情を求めています。優しさを欲求しています。表上は大人でもたまに弱い子供の一面もあります。

おもちゃで一緒に遊ぶ=精神年齢40代~50代

相手と一緒の立場になり、一緒に行動できるあなたは成熟した大人。相手の事だけでなく自分も一緒に遊ぶので自己も確立されています。

一緒に散歩に出かける=精神年齢60代以降

散歩を選んだ人は相手をリードしつつともに行動が出来る大人の精神を持っているので周りからも頼られることが多いはずです。

 

 - 子育て・教育

ページ
上部へ